Pentagonal Trapezohedron

Pentagonal Trapezohedron

2.50

Downloadable template and instructions for paper model of Pentagonal Trapezohedron. The completed size is about 155 mm long, and 85 mm wide.

ダウンロードして使う「ねじれ双五角錘」の型紙と作り方の解説です。完成すると、長さ約15.5センチ、幅約8.5センチになります。

Add To Cart

To complete this model, you need / このキットを組み立てるのに必要な帯は
- 4 strips of paper ( less than half a sheet ) / 紙の帯4本(1/2シート未満)


- a pair of scissors / はさみ
- pencil / 鉛筆
- quick dry paper glue / 速乾性木工用(または紙用)ボンド
- cocktail sticks or toothpicks / つまようじなど先のとがったもの

***

The Pentagonal Trapezohedron is one of infinite variations of Antibipyramids, constructed of 10 kite shaped tetragonal faces, 12 vertices, and 20 edges.

This polyhedron is the twisted version of pentagonal bipyramid, which is similar to the Ten-faced Deltahedron. In the territory of crystallography, the term of “Trapezohedron“ is used to refer another polyhedron Deltoidal Icositetrahedron.

「ねじれ双五角錐」は、無限個存在するねじれ双角錐のひとつで、10個の凧型の四角形から成り立ち、12個の頂点と20本の辺で構成されます。

なお、この多面体は双五角錐を36度ねじった形状であることから、「ねじれ」と呼ばれています。なお、英語名称の“Trapezohedron”は幾何学においての用法であり、鉱物の結晶などの性質を研究・応用する学問「結晶学」においては凧形24面体の結晶形状を指すようです。